読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝、すっきり起きられない人へ。簡単に夜寝付きやすくする為の方法3つ

毎日同じくらいの時間の睡眠を取っていても

朝起きてものすごく疲れが残っているのと、

超さっぱり!「おはよー!!」

ってテンションの違いって何なんだろうって疑問に感じている方も少なくないと思います。

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s.jpg

朝起きたときの気持ち悪さ、全然起きれない感じというのはやはり夜の寝る時間や

寝る前に何をしているかによりますね。

夜更かしは良くないということは大体分かりますね。

そこで夜更かしする前に少し考えてみて下さい。

  ・それは絶対に夜やらなきゃいけないことなのか

  ・一日疲れた体で夜やるよりも、朝起きてからのほうが集中力が強い

これを自分に言い聞かせてみて下さい。

そんなことは関係なく寝れないからとりあえず何か教えてくれ!という方へ

          

↓↓↓

簡単に出来るものを3つ紹介していきたいと思います。

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-5884158048264145"

data-ad-slot="8923041717"

data-ad-format="auto">

1、寝る前のパソコン、スマホは控えましょう

これをやるとバッチリ目が覚醒してしまいます。

もしどうしても夜にやらなければいけないことがあるのであれば

電気を消す前にやる、尚且つブルーライトカットメガネを使用する。

ブルーライトカットメガネ、最初は甘く見ていたんですが明るい光を見ても目の奥に刺激があまり来ない感覚ですね。

2、寝る前のご飯、お菓子は控えましょう

寝る前に何か食べてしまうと胃腸が活性化されてこれも寝付けない原因になってしまいます。

さらには朝起きたときも胃が重たく、そのまま朝ごはんを抜いて学校、仕事にいく

そうするとエネルギーがないので集中力も無くなります。その生活を続けてしまうと食生活も不安定になり、どんどん悪循環が進んで行ってしまうので、

「今日は特別に」「残業頑張った自分へのご褒美」などと言い訳して食べてしまわないように。

もしもどうしてもお腹が減ってしまったら、少量を食べて15分くらい待っててみて下さい。

少しお腹に入れただけでも空腹感は軽減されますよ^^

3、寝る前のお酒、タバコは控えましょう

どうしても寝れない!酒飲んで酔っ払って寝よう!って思ったことありませんか?

酔ってしまえばすぐに寝れるときもありますが、目覚めはいいものではないですね。

これを寝酒といいますが、実際は深い眠りにつけているわけではないのだそうです。

凄い酔って寝たのに朝早く目がさめることがあるのはそういうことなんです。

さらには寝酒が習慣になってしまうとだんだん寝付けなくなり、

結果不眠症を悪化させ、酒の量も増えるという事態になってしまいます。

タバコも、「寝れないからとりあえず一服するかー」なんて思って吸っていませんか?

これ、神経が刺激されて寝れなくなるばかりか、就寝前の喫煙は体に有害物質が溜まりやすいのだそうです。

極度の依存症の方は、吸ってしまっても半分くらいでやめることから始めてみるとどうでしょうか。