読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指や足の皮をむいてしまう癖は皮膚むしり症という精神疾患だった。

私は幼少の頃から指先の皮をむいてしまう癖があり、

それはささくれを少しむく程度ではなく、時には血が出るほどむいてしまうことがあります。

だんだん指の先が固くなってきて痛みはほとんど感じませんが、たまにしみてくるときもあります。

ただ慣れてきているだけなのか麻痺しているのか。

私は今のところ大丈夫ですが、

爪や顔などをちくちくむしってしまい、膿んでしまうこともあるようです。

膿んでしまったら血が出る痛みとは違う苦痛がありますよね。

今年は思い切ってやめようと思い立ち、

早速調べてみたところ

皮膚むしり症

という精神疾患らしいということが分かりました。

女性と男性の割合に関しては

女性のほうが圧倒的に多いらしいです。

成人で1~2%程。

発症は思春期から。

不安やストレスを感じたときに強くむしってしまうようです。

精神科に行って薬をもらうことも出来るようですが、

まずは皮をむいてしまうときに気付けることが大事とのことです。

さらには気付いたらそのとき自分の気持ちがどんな気持ちかチェックするといいみたいです。

私は1週間ほど前から気付けるように心がけています。

といっても10年ほど前からのことなので知らないうちにカリカリやってしまっているかもしれませんが。

今私がやっている具体的な方法としては

むしりそうになったら手をぎゅっと握ることです。

あとは今同居人が要るのですが思い切って打ち明けてみました。

これが治れば指先にコンプレックスを抱くことも無くなるかなと思い続けてみます。

そうすれば心の負担も少し軽くなることでしょう。

もし今後やめられそうに無かったら精神科にも行ってみようと思います。

その時はどんな治療をしたか等も報告していきます。

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"

data-ad-client="ca-pub-5884158048264145"

data-ad-slot="8800462919">